新緑の「森の園」最新ニュース



新緑を迎え、草木が次々と新芽を吹き、花が咲き始めています。
自然の息吹をお届けしましょう。
ぜひ、森の園で深呼吸してみてください。お待ちしています。

群生するシャガ
甘茶
ウラシマソウ
マムシグサ
キツツキの穴
子犬のような鳴き声のリス

山ツツジが綺麗です





真っ赤な花を咲かせているのが山ツツジです。
花言葉は「燃える思い」だそうです。
新緑の若葉の勢いの中にまさに燃えているような赤い花を咲かせています。
まるで紅葉しているように見えますね。

森の園は甘茶が満開!紫陽花との共演は必見です



うさぎ棟を抜けて広がる森の園の突き当たりには、水色の中心から白いガクを広げて甘茶の花が咲いています。
その茂みからは、丸みを帯びた艶やかな青紫色のガクアジサイが顔を出しています。
まさに甘茶の花と紫陽花の共演。梅雨の晴れ間にオススメの散策コースです。

雨露が涼やかな新緑。



今年は20日ほど早く全国的に梅雨入り。例年なら新緑を満喫できる最高の季節です。
実は、うさぎの森は雨も素敵なのです。キラキラと輝く雨露が勢いづいた緑によく映えます。





すずなりに咲くエゴの木、やまぼうし、ウツギ、白い小花が集まって咲くガマズミ。
お部屋の窓から、倶楽部ハウスとの行き来の時などにお楽しみください。

夏椿、姫沙羅が満開です。



清涼感のある白い花、姫沙羅は日本の色棟の前に大きな枝を茂らせています。



この時期、鳥たちが花をついばむせいで花が落ち、まるで雪のように積もります。

油桐の花。



花吹雪の駐車場隣の雑木林に油桐があります。

桜に似た小ぶりの白い花を咲かせ、咲いたその姿のまま散っています。
伊豆の歴史には欠かせない油桐。種子から採れる桐油は江戸時代に重宝され、「油桐御殿ができたほど」と聞きます。

石楠花(シャクナゲ)が咲きました。



先代主人曰く「20年ぶりの開花」だそう。倶楽部ハウス前の植え込みです。
「高嶺の花」と言いますが、シャクナゲを指していると言われています。
高山の奥地に咲いていて手の届かない存在を表しているのだそうです。

原産地に近い環境で育てなければ開花を見るのは難しいとされているとか。

うさぎの森に手すりが加わりました



「倶楽部ハウスから宿泊棟や貸切風呂に抜ける途中のスロープにも手すりが欲しい」
そんなお客様の声を伺い、取り付けました。
ゆるやかに登り、ゆるやかに下るこの細道は、お風呂や食事に行く時にお客様は何度となく歩かれる道。
手を添えて歩いてみると今まで気づかなかった草木の囁きが聴こえて来るかも知れません。

花吹雪では梅と桜が共演しています





三寒四温と申しますが、今年は伊豆でも珍しく氷が張った日がありました。
それでも春一番が吹き、一雨ごとに暖かくなって行きます。
梅と桜が同時に咲くのは例年見られませんでしたが、今年は見事に見頃が重なりました。
桜はこの後、小彼岸桜が咲いてきます。

伊豆高原では少し早い紅葉が!!



11月の頭に寒気が流れ込んだ影響でしょうか、少し早い紅葉が観られます。
うさぎ棟を抜けて森の園へ散策にでかけてみてください。





今年はツワブキの花もよく咲いています。