イースターバニーと森の赤いうさぎ

近年日本でも認知度が上がってきている「イースター」。4月になるとスイーツ店では、たまごの形をしたチョコレートやウサギの形をしたクッキーが売られていて、とても可愛らしくなんとなくウキウキする。カラフルなイースタエッグ作りやエッグハントなどのゲームを取り入れて春のイベントを開催しているところもあるよう。


そもそもイースターって?

「イースター」はキリスト教では最も重要なお祭り「復活祭」のこと。十字架に架けられ命を落としたイエス・キリストが3日目に復活したことを記念するお祭り。春分の日の後、最初の満月の翌日曜日となっていて毎年のように日付が変わる。今年は4月12日。



欧米などキリスト教国では国によって食習慣や風習など異なった文化がみられる。ゆで卵を食べることは知られているけれど、新しい命が生まれるという意味で卵が使われるのだとか。卵の殻に彩色して飾ったり、お互いにプレゼントする習慣もあるそう。いつしか卵の殻の中にチョコレートを詰めるアイディアが登場して、卵型のチョコレート菓子が人気になったということらしい。



卵を届けるイースターバニー

卵ともう一つ、イースターのシンボルとなっているうさぎ、イースターバニーは卵をバスケットに入れて届けてくれる役。洋服を着た野うさぎが卵入りのバスケットを持って良い子のところに届けてくれるなんて・・。まるで絵本の世界のようですね。



ビアトリクス・ポターの児童書、「ピーターラビット」を連想する人も多いのでは。ピーターラビットの故郷はイギリスの北西部にある湖水地方の森。イギリスで一番美しいと言われるほど豊かな自然に恵まれたところなのだとか。


不思議の国の白うさぎ

洋服を着たうさぎが登場する児童小説「不思議の国のアリス」も世界中で愛されているお話。時間を気にしながら急いでいる白うさぎを追いかけて不思議の国に迷い込んで行くアリスのストーリーは、とりとめのない物語で突拍子もないことが次々に起こる。この理解しがたいようなお話は、作者が小さい子どもにせがまれて即興で話して聞かせたのが元で、全てアリスの夢の中の出来事だった。と言うと実に納得ができると思う。夢の中はとりとめもなく、有り得ない展開が目覚めるまで続いていくもの。ワンダーランドなのだから。「不思議の国のアリス」を楽しむには作者、ルイス・キャロルが物語に散りばめた、言葉遊びや童謡、ばかばかしい詩の背景を知るとより楽しい。



森の赤いうさぎが運んでくるもの

城ヶ崎の森にはクロモジの花が咲いている。森に抱かれた別荘宿でイギリス文学を楽しみながら、あれこれ思い巡らせていると、人も自然の一部だという感覚になっていくよう。



森のうさぎは進化してだんだん耳が長くなって赤いうさぎになるそうだけど、赤いうさぎもきっと吉報を運んできてくれるに違いない。畳にゴロンとなりながらワンダーランドへ行くとしようか。赤いうさぎを追いかけて。



春風の花を散らすと見る夢は

桜を愛した平安の歌人、西行法師の名前がついたお部屋は森に面して広く開口した窓が素敵。こじんまりとしたお一人さま用のサンクチュアリといっても過言ではないかも。一員として迎え入れられたよう。



西行は生涯でおよそ2090種の歌を残し、そのうち230種が桜を読んだものだそう。


「願わくば花の下にて春死なむその如月の望月の頃」 西行



有名なこの歌の通りに生涯を閉じた西行。桜の歌人と言われる所以。


森に面した広い窓にはちょっとしたマジックが。



どうやって障子を閉めるのかというと。






こんなふうに隠されているのもこのお部屋の魅力。



お部屋のお向かいには、掛け流しの湯が2つ。



今日は少し早めの到着。夕食にはまだ間がある。


さっと湯を浴び、ひとりうたた寝と決め込む。


春の香りと彩り。この時期だけの桜懐石のお夕飯。

木の芽酢が透けて美しい先付け



小鳥の囀りが聞こえて来そうな八寸。



今日のお酒は一見、いちごミルクのような。いえいえ若い杜氏さんが精魂込めて作ったお酒。ちょっと酸っぱくて、微発泡。淡い恋心のようなそんな感じもします。




御造りは赤いか、大紋ハタ、透き通った山葵水晶を抱いて桜葉に包まった金目鯛の桜葉〆。



穴子の飛竜頭・道明寺麩



菜の花をあしらった百合根のたれが一層春らしい黒毛和牛。



この時期だけの桜おこわ。お椀は浅蜊の真薯



和三盆のわらび餅



「風さそふ花のゆくへは知らねども惜しむ心は身にとまりけり」西行



免疫力アップで身体をまもる、和ハーブ。森のお茶。

ほっとする和ハーブのブレンドがすっと疲れを癒してくれる。
花吹雪にチェックインする時に、倶楽部ハウスで出迎えてくれる「森のお茶」。
10種類のハーブを使ったこのオリジナルブレンドティには、伊豆城ヶ崎の森に生育する植物がたくさん使われている。自然のチカラを借りて免疫力もアップしそう。 何気なく癒してくれる「森のお茶」のパワーを紐解いてみたい。


黒文字


コックリと甘くそれでいてスッキリとしたスパイシーな木の香りのする黒文字は、高級楊枝に使われるように、抗菌、消炎作用があると言われています。うさぎの森にも群生している黒文字の根皮は、急性胃腸カタルや脚気に効能があるとされています。また去痰(喉に絡む痰を取り去る)、咳を抑える作用そして気管支粘膜の充血を取る作用も。浴剤としては、かいせん、潰瘍、湿疹にも良いそう。芽吹きの季節、森の黒文字も元気に芽を出し、大地の力を感じます。


明日葉


「今日摘んでも明日芽吹く」と言われるくらい生命力が強く、生育が早い明日葉は、とても栄養価が高い植物。βカロチン豊富に含み、抗酸化作用が期待できることから、免疫力アップや癌の予防効果があるとされています。利尿、通便、不眠解消、肩凝り、滋養強壮、ダイエットにも効果があると聞くと、積極的にとりいれたくなりますね。 森の日陰に自生し、2月ごろから芽吹きます。


磯菊


近頃、エディブルフラワーが人気です。菊は古来から食用とされ、長寿、若返りなどに良いとされてきました。菊の抗菌、抗ウィルス、抗炎作用は科学的にも証明されていること。疲労回復、頭痛、目眩、目のかすみ、高血圧、食欲増進に効くと言われています。伊豆諸島の海岸にも自生しています。


長寿草


「一株食べると1日長く生きられる」と言われる長寿草(ボタン防風)は栄養価が高くパワーベジタブルという別称があるほど。老化や生活習慣病の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用が極めて高いことが分かって来ました。植物繊維も多く、美容にも良いのだそう。 伊豆沿岸に自生し、強い潮風や紫外線にも負けずに元気に生育しています。


松葉


血液を綺麗に保ち、血管を強くする効果があると言う松の葉。疲労回復、食欲不振にも。中国では仙人が長寿の秘薬として食した。と言う言い伝えがあるとか。炎症抑制効果やリラックス作用も期待できるようです。


うこんの根


うこんは生姜科の植物。英名はターメリックです。カレーなどのインド料理には欠かせないスパイスの一つでもありますね。うこんは、二日酔いなど胃や肝臓のケアだけではなく、抗菌作用、抗酸化作用があります。掛けても、付けても、内服しても効果を現します。


甘茶


煎じると砂糖の1000倍と強い甘味があり、ローカロリーな甘味料として用いられます。抗アレルギー、抗酸化作用があり花粉症やアトピーなどにもよいようです。抗菌作用もあり、歯周炎や口臭にもお勧めなのだそう。 江戸時代からは、入浴にも用いられ、保湿、消炎効果があることから美肌のための入浴剤として重用されたとか。



甘茶の花は紫陽花に似ています。3月に入って森でも芽吹き始めました。


肉桂


肉桂は英名シナモンです。体温を上げる作用があるそう。冷え性の方にはお勧め。抗酸化効果、コレステロール改善、血糖コントロール、血行改善。シナモンの素晴らしさは香りだけではないようですね。森にも肉桂に木がたくさんあります。葉を揉むと良い香りがします。


ルイボスティー


「南アフリカの高地で育成されているノンカフェインのお茶。ポリフェノールの一種、フラボノイドを含み、活性酸素を取り除く作用が。細胞を老化から守るアンチエイジング効果も。抗酸化作用があり、アレルギー暖和、リラックス、安眠効果もあるようです。


レモングラス


ハーブティーでもアロマオイルでもポピュラーなレモングラスは、爽やかなレモンの香りがします。香りには人の脳を刺激する作用があり、芳香浴に愛用されます。また、エスニック料理にも使われますね。消化促進や胃もたれの改善、鎮痛、殺菌効果があるとされ 疲れたときや元気がないときに気持ちをリフレッシュさせてくれます。


これだけ自然のパワーを秘めた「森のお茶」心も身体もほっこりと温めてくれます。


鄙の湯の後、若鶯と花見酒

熱海は梅と桜の共演。今年は例年にない暖冬のおかげで梅と桜が同時に咲き、暖かい伊豆を一層にぎやかにしたもよう。駅前の桜はもう若葉が出て、春は駆け足で走り去るつもり。もう少しゆっくりしてくれてもいいのに・・・。
熱海駅から伊豆高原駅まで踊り子号でおよそ40分。常宿の桜も満開を迎えているだろうか。


今年は満開のウェルカム桜。今回の滞在も気持ち良く楽しめそう。



早速、掛け流しの貸切風呂で身体とこころを癒すとしようか。
湯船から桜が望める鄙の湯。



湯船に手足を伸ばすと、じわっと染み込むような優しくやわらかなお湯。思わずため息がひとつ。外気の温度のおかげもあって湯加減がほどよい感じ。湯口からとめどなく注ぎ込む豊かなお湯は、100%源泉掛け流し。天然の温泉にそのまま身体を預けると、ゆっくり、じんわりとほぐれていく。



鄙の湯から笹の垣根越しに見える小さな桜。メジロが蜜を吸うために花を啄ばんでいる。木々の木漏れ日とそよぐ春の風。なんともいい気持ち。



春告鳥が森のどこかで鳴いているけれど、若鶯のよう。だまだへたくそな囀り。 鶯はとても用心深いそうで、声はすれどもその姿は見えない。鳴き声の「ホーホケキョ」は縄張りを見張る雄鳥の声で「ここは俺の縄張りだぞ」という宣言と雌に対して「縄張り内危険なし」の合図でもあるのだとか。



若鶯も歌が上手くなる頃には素敵な伴侶に出会うのだろうか..。花見露天はなんとも優雅な気持ちになれるもの。



春の訪れを感じながら今夜のご馳走を楽しむとしようか。



八寸:燻鮭と株の椿寿司・自家製唐墨大根・海老とすり身の松風・菜花の辛子和えと氷頭なます・梅花人参・静岡県さん雉の岩塩焼き山葵のせ・赤もくの水晶寄せ・丹波黒豆


料理長が勧めてくれた希少酒は「十四代」槽垂れ。希少酒の代名詞とも言える日本酒にお目にかかれるとは。醪の風味を残した濃醇な味わい、華やかな香りが広がってキレがいい。
特別な日にこそ頂きたい、そんなお酒ですね。



地魚との相性も抜群。脂ののった魚に負けないまろやかな甘み。



お造り:伊東産金目鯛の焼霜造りと鰆、活車海老の洗い


蓋物:契約農家直送里芋饅頭銀杏入り 鱶鰭餡掛け


焼物:寒鰤の塩焼き


穴子の炊き込みご飯


翌日は河津まで足を伸ばして河津桜見物としようか。余寒の風がまだ少し残るかも。


河津までは電車で30分。お昼前には十分到着できる。お花見は日本の伝統文化と言ってもいい。花見の始まりは奈良時代とも言われているそう。その頃は梅が人気だったとか。平安時代になってから、桜の人気が上昇して花見と言えば桜になったという説もあるよう。和歌集を開いてみるのも面白い。



「久方のひかりのどけき春の日にしづ心なく花のちるらむ」 紀友則



散る花よりも騒がしいこの頃、こころ静かに花を愛ででいたいと思う、うす桃色の春霞。